日本人はとても素敵だった―忘れ去られようとしている日本国という名を持っていた台湾人の心象風景 (シリーズ日本人の誇り)



新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 台湾論台湾人と日本精神(リップンチェンシン)―日本人よ胸をはりなさい (小学館文庫)台湾 ニイハオノート日本人はとても素敵だった―忘れ去られようとしている日本国という名を持っていた台湾人の心象風景 (シリーズ日本人の誇り)街道をゆく (40) (朝日文芸文庫)歩く台北 [歩くシリーズ]旅の指さし会話帳〈8〉台湾 (ここ以外のどこかへ!)最高指導者の条件反中vs.親中の台湾 (光文社新書 351)台湾―変容し躊躇するアイデンティティ (ちくま新書)


日本人はとても素敵だった―忘れ去られようとしている日本国という名を持っていた台湾人の心象風景 (シリーズ日本人の誇り)
日本人はとても素敵だった―忘れ去られようとしている日本国という名を持っていた台湾人の心象風景 (シリーズ日本人の誇り)

ジャンル:
セールスランク:3752 位
発送可能時期:通常24時間以内に発送
参考価格:¥ 1,365 (税込)

ご購入前のご注意
当ホームページはアマゾンウェブサービスにより運営されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

日本人に対する台湾人の敬意。そして心の絆へ

戦後教育を受けた全ての世代に読んでほしい真のメッセージがです。
台湾人である著者は、戦前の日本の統治が現在の台湾発展に寄与し
た点を高く評価します。さらに、日本精神を肯定的に評価し、日本人が
卑屈になること無いという叱咤激励の言葉には、本当に涙が出ました。
現在、正式な国交がない台湾に、日本にこれだけの親しみを抱いてく
れている人が多く居ること自体、多くの日本人は知りません。

一方の日本では、マッカサーの戦争贖罪植え付け政策である、"War
Guilty Imformation Program" により、日本=全て悪という刷り込
みが一般国民・教育界を席捲し、著者のような真実の言葉も世の中に
日の目を見ることが無くなってしまいました。

圧巻なのは戦後の日本撤退の後、進出してきた蒋介石軍の記述です。
日本軍とは対照的な横暴かつ無常な行為、それに対する著者の失望・
恐怖心が語られています。「日本には原爆が落とされたが、台湾には
蒋介石が落とされた」というひと言が真実を語っています。大陸からの
中共の移民が虎視眈々と台湾の中国化と、台湾と日本の分断を狙っ
ています。今ほど、台湾と日本の心の絆を再確認することの重要性が
今ほど高まっている時はありません。
日本はお好きですか?

この本を読ませたとき、私の祖父は泣いていました。
祖父は当時、朝鮮半島にいたのですが、
当時の朝鮮人と日本兵の祖父は、1本のタバコを6人で分け合い、
同じ歌を歌いながら『桜』という美しい花について
一日中雑談していたそうです。
しかし戦後60年。いつの間にか日本兵は、日本国内ですら
残虐非道で鬼のようなイメージを植え付けられ、
日本人は韓国人の9割以上からいわれのない罵倒を受けています。
祖父は泣きながら、「爺ちゃんたちもこの時のことは忘れてた」
と語りました。
そして「あのとき台湾に行きたかった」とも言いました。

いま30代の私も、日本の美しさに感銘を受けました。
しかしやはりそのあと。祖父が始めて見せた涙が印象に残っています。
当時『素晴らしき日本兵』だったご年配の方に、ぜひ読んで欲しい本です。
東京裁判史観や自虐史観から「開放」されよう。

 ひょっとして進歩的文化人などは、この本はやらせであるとか、仮に本当であっても台湾の中のごく例外的な話だという(検証もない)反論をするかもしれない。
 しかし、私の(私は51歳)知る台湾の方も、お世辞とか、仕事上の損得など抜きにしてこの本に書かれているようなことを父親やおじたちが行っていたと話している。もちろんなかには、日本による当地を快く思わない台湾の方もいるのかもしれないが、かなり多くの台湾の方々には、同じように日本に感謝してくれている人たちがいるのであろう。
 日本の植民地支配は、真っ暗だったか、台湾の人々から略奪していたのか、極悪非道であったのか・・・同じことを朝鮮でもしたのか?
 もし台湾の方々が、心のそこで、日本による統治時代に何らかの共鳴を持っていてくださるとすれば、朝鮮統治でも同じようなことがあったのではないか、ただ、この著者のように自由に発言できないような「反日教育」が徹底されてしまっただけではないのか?
 このあたりを検証してほしいものだ。
 いずれにせよ、この本は、政治的な問題をはなれても、日本人は捨てたもんじゃないと改めて認識させてくれる心温まる贈り物だと思う。

   昭和天皇の誕生日に
体が震えてしまいました

同世代の人に呼んでもらいたいです。(私は1972年生まれです。)
やっぱり日本人が持っている自己犠牲の精神や誠実さ真面目さというものはすばらしいものだったのだなと確信できました。
明日から日本人として誇りを持って生きていけます。

大東亜戦争後、「日本=侵略者、だから原子爆弾を落とされた。」「靖国神社にはA級戦犯が祀られているから参拝してはいけない。」そんな教育をうけてきました。そして腰の引けた中国・韓国外交を目の当たりに育ちました。こんな状況で育てば日本人として誇りを持って生きることができるでしょうか。

われわれの世代も戦勝国によって捏造された歴史・自虐的価値観に洗脳されています。さらに今の中高生は50%しか日本人であることに誇りをもっていない、という新聞記事を目にしました。教育というのは恐ろしいもので日教組により自分のような人間が今この瞬間も作り出されています。

社会に出て10年が過ぎますが、多忙で仕事に忙殺されている同世代にこの本を読んでもらいたい。そして子供達に正しい歴史を教えてほしいとおもいます。
台湾の年配の方は真実を知っている!

他の方と同じですが、日本人としての誇りを取り戻せる本です。
戦時中の本と言うと、辛く痛々しいものを想像しがちですが、本書はまったく違います。前半は台湾人と日本人の交流が描かれており、戦時にもかかわらず、何ともいえない人と人との暖かい関わり合いを感じました。後半、日本人が台湾を出てから、入ってきた大陸の中国人について、彼らがいかに日本人と違っていたか、そして、台湾人に何をしたかが書かれています。常に自分の被害だけを大げさに前面に押し出してヒステリックに行動する中国人の姿に、ついつい引いてしまいがちでしたが、チベットといい、台湾といい、中国人のやり方がどういうものかがよくわかりました。この本を読んで、日本人をこんなに想って下さる方の存在を知ることが出来、非常にうれしく思いました。筆をとってくださった著者に感謝します。



桜の花出版
帰らざる日本人―台湾人として世界史から見ても日本の台湾統治は政策として上々だったと思います (シリーズ日本人の誇り)
母国は日本、祖国は台湾―或る日本語族台湾人の告白 (シリーズ日本人の誇り)
台湾人と日本精神(リップンチェンシン)―日本人よ胸をはりなさい (小学館文庫)
インドネシアの人々が証言する日本軍政の真実 (シリーズ日本人の誇り)
素晴らしかった日本の先生とその教育 (シリーズ日本人の誇り (4))







         
         
         
         

[PR]動画